あたたかく奏でる「感謝」の結婚式
"ゲストの皆さんに対する「感謝の想い」を表現するために様々な演出を考えていただいたおふたり。
披露宴の終わりには、やっぱり一番想いを伝えたい相手にまっすぐな想いを伝える「新郎さまから新婦さまへのサプライズのお手紙」で会場は笑顔と涙に包まれるあたたかい「感謝」に満ちた結婚式となりました。"
挙式日2017-11-18
挙式会場吉田神社

フォトギャラリー フォトギャラリー

パーティレポート パーティレポート

  • Point.01

    着ぐるみを使ったダミー入場


    おふたりが着ぐるみで入場したのかと思いきや、それはなんとダミー入場。式当日より前に式場に来られて、おふたりが着ぐるみをかぶってオープニングムービーを撮影するという力の入れよう。ゲストの皆さんを驚かせて盛り上がりました!

  • Point.02

    三味線演奏と大合唱


    新郎さまのご友人が「三味線」の生演奏と歌を披露してくださいました。
    演奏の最後には会場中で大合唱し、ゲストの皆さんが一体となって盛り上がる素敵な演出となりました。

  • Point.03

    新郎の生演奏で新婦を見送る


    新婦のお色直し退場の際のBGMは生演奏。
    しかも新郎さま自らがご自身の特技であられる「二胡」を生演奏してくださいました。
    新郎さまと新郎さまの楽器の先生とで奏でられた「糸」の生演奏は本当にあたたかく幻想的なものでした。

  • Point.04

    シンプルにまっすぐに届けた想い


    結婚式の演出の中でも大変人気なものに「新婦の手紙」がありますが、今回の結婚式では新郎さまからのご希望で「新郎から新婦へのお手紙」というサプライズ演出がありました。
    「これからもずっと一緒に居てください」という新郎さまのまっすぐな想いに新婦さまは涙が止まりませんでした。

その他のパーティレポート その他のパーティレポート

> サロンへのアクセスを見る